幅広い用途で使われる導光棒

幅広い用途で使われる導光棒

幅広い用途で使われる導光棒 従来のガラスではなくアクリル樹脂を特殊な製法で成形した導光棒は、実生活に様々な場所で役立っています。
身近な使い道として真っ先に使われているのが照明であり、長短に切断した導光棒を並べることによって電光掲示板や室内の明かりに使われているのです。
それ以外では、短く切断することで車やバイクのウインカーライトに使われています。
アクリルは透明度が高く光を広範囲に広げてくれるので、夜道の走行において安全性を高めるのです。
そして細長く成形した形にすることで、自宅用そしてコンビニに設置してあるコピー機といったスキャナーに用いられています。
スキャナーは情報を読み取る際に、光を当てた際の照り返しで読み取ります。
その際に細長く成形した導光棒を用いることで、より正確に読み込みが可能なので印刷ミスを減らしてくれるのです。
このように照明器具の導光棒は用途によって長さと形を変えることで、実生活にいろいろな形で役に立っています。

導光棒には幅広い用途と様々な材質が存在します

導光棒には幅広い用途と様々な材質が存在します 導光棒とは光の透過を利用して光そのものを照射させたり、情報を転送したりすることができる製品です。
その用途は幅広く、光ファイバーケーブルや案内板の光源に用いられたり、医療現場においては内視鏡として利用されたりしています。
その他、ジャイロスコープやプラネタリウムなども導光棒を活用しています。
そして導光棒にはその用途に合わせて様々な材質が使用されており、石英ガラスやプラスチック、ポリカーボネート樹脂などがその代表的なものとなります。
良い導光棒を選ぶポイントは、光を拡張させるために行われる「加工技術」の良し悪しと、光の欠損率を低下させる「良質な樹脂」を見極めることにあります。
尚、加工には「シルク印刷」や「V溝カット」「形成」など様々な技法が存在しますが、小ロットから製造可能で安価な「レーザー加工」が現在主流の加工方法となっています。
また形状面においては「棒状」だけではなく、少ない光源で効率良く発光させることができる「板状」の製品も存在します。

新着情報

◎2023/7/21

情報を更新しました。
>手軽に楽しむ導光棒の文字デザインを活かしたパーティー演出に挑戦
>導光棒の軽量化・小型化などのメリットについて
>耐久性が隠す可能性:導光棒がもたらす革新的な産業応用と持続可能性
>コンパクトで持ち運び便利な導光棒の災害時の備えとしての価値
>意外な使い道も紹介されている導光棒を活用

◎2020/3/16

幅広い用途で使われる導光棒
の情報を更新しました。

◎2019/12/9

透明樹脂成形による光学製品
の情報を更新しました。

◎2019/7/24

導光棒でコストダウン
の情報を更新しました。

◎2019/3/22

導光棒の寿命
の情報を更新しました。

◎2019/2/8

導光棒のスペック
の情報を更新しました。

◎2018/12/10

サイト公開しました

「光 用途」
に関連するツイート
Twitter

用途もおそらく「祓う」か「護る」だと思われるので(個人的感想)、属性アイテム感が強い

返信先:他1教科書体は書体メーカーによってフォルムや大きさ(タイプフェイス)が異なります。出版社が独自の教科書体を持つケースもあります(村など)。また、同じメーカーの中でも用途によって違うデザインになる書体もあります(UDデジタル教科書体など)。

水面の用ブラシを用途通りに使ったことがない

無限のパワー増幅というパワーワード。そんな技術あったらの速度超えれるし、エネルギー問題無くなるし、とても素晴らしいことですね。 んで、それの使用用途が例のアレ?核融合発電の小型電池作って、大人のオモチャに使います!ってくらい謎の使用用途だなーっと

返信先:「金剛石も磨かずば玉のはそはざらん」の用途に近いかもですね