導光棒でコストダウン

導光棒でコストダウン

導光棒でコストダウン 棒状で均一な光を放つ導光棒は、LED光源を利用してむらが少なく均一な光を放つことができる照明器具です。特殊な精密加工技術が開発され、低コストで使うことができるというメリットがあります。耐候性に優れており室内はもちろん屋外灯としても利用可能で、寿命が長いので交換などの手間や時間、コストを削減することができるということもメリットのひとつです。

長期使用による性能劣化が大変少なく、階段や手すり、フットライトなどに向いているほか、ディスプレイや車用の照明などにも幅広く使われています。導光棒は、長時間にわたって連続使用しても、厚くなりにくいという性質があるため、店舗での利用に向いており、コストダウンを期待できることからも導入が広がってきています。自然な白色だけでなく赤や青、緑などのカラーもある為、雰囲気のある空間を演出したい店舗でも活用されるようになっており、ランニングコストを削減して質の良い光を求める人におすすめです。

少ない光源で周囲を目立たせることができる導光棒

少ない光源で周囲を目立たせることができる導光棒 施設内の空間を目立たせるために使われているのが、導光棒と呼ばれるものです。導光棒とは透明のアクリル樹脂などを活用して、入ってきた光を周囲に導くためのものです。

これまで対象物を明るくするためには、電気を使ったライトなどが用いられてきました。しかしライトでは発光部を内蔵しなくてはならないため、構造的に小さくするのは困難です。代わりに導光棒を使えば、発光するライトは他の部分に設置することが可能です。本体を小型化したいときなどに用いられています。

省エネルギーの効果が高いことからも注目されています。光源は一箇所に設置するだけでよく、後は内部を反射していく光によって周囲を照らし出すことができるからです。

本体がアクリル樹脂であるため、さまざまな形状に加工できるのも大きな特徴です。一方で形状によっては、思った通りに発光させることができない場合もあります。どのように光を反射させていくかはメーカーの技術や実績が大きく影響するので、優れた会社に依頼することが大切です。

新着情報

◎2023/7/21

情報を更新しました。
>手軽に楽しむ導光棒の文字デザインを活かしたパーティー演出に挑戦
>導光棒の軽量化・小型化などのメリットについて
>耐久性が隠す可能性:導光棒がもたらす革新的な産業応用と持続可能性
>コンパクトで持ち運び便利な導光棒の災害時の備えとしての価値
>意外な使い道も紹介されている導光棒を活用

◎2020/3/16

幅広い用途で使われる導光棒
の情報を更新しました。

◎2019/12/9

透明樹脂成形による光学製品
の情報を更新しました。

◎2019/7/24

導光棒でコストダウン
の情報を更新しました。

◎2019/3/22

導光棒の寿命
の情報を更新しました。

◎2019/2/8

導光棒のスペック
の情報を更新しました。

◎2018/12/10

サイト公開しました

「光 照明」
に関連するツイート
Twitter

今更ながらの感想... ラストのトワシネの夕焼けのような温かい照明と、 オープニングのウィーアーザベストの、夜明けのような、暗闇に純度の高い白いが差しているのを比べていると、 彼らの去年の決意から今までを、逆再生してるようでもあるなぁと... その間にTJBBのデビューも挟まるし...

返信先:か……室内照明じゃダメか……

2202の影との表現、めっちゃ好き。現実以上に感情に寄り添った照明効果。

返信先:照明です😉

第一話では、元ヤマトクルーたちがその瞬間どこにいるのか、ここは司令本部です、みたいな風景ショットを入れなくても、それぞれの制服やその場の照明の雰囲気で知覚できるようになっているのですが、その前提条件を崩すほどの照明効果を及ぼす、という意味でも、波動砲の強大さが伝わってきます。