導光棒の寿命

導光棒の寿命

導光棒の寿命 導光棒は消耗品であり、ネオン管よりはかなり寿命が長いもののそれでも長く使い続けることで劣化してしまうことに関しては変わりありません。どのくらい長く点灯できるのかですが、40,000時間程度と言われています。これを年数に直すと、大体4年から5年程度となっておりそのあたりが導光棒の修理の目安といえるでしょう。
しかし、長い寿命が期待できるからといってもその全部を保障している会社についてはありませんので注意します。保障期間は、提供している各社とも1年保障にしている場合が多いです。耐熱性・耐湿熱性・耐候性に優れているという特徴を持ち合わせていますが、だからといってすべてのケースによって大丈夫なのかというとそうとは限らないことを考慮します。もしも、なんらかの故障があった場合にはメーカーの窓口に相談するようにして解決を図ると良いでしょう。ただ、技術が進化したことにより導光棒はこれまでよりも長く使えるように改良されていることは確かです。

装飾性の素材、導光棒に交換すると安全で電気代が抑えられる

装飾性の素材、導光棒に交換すると安全で電気代が抑えられる 導光棒は直径3~15mm程度のパイプ状の樹脂製で、端面から入射した光源が、円筒側面の全面から均一に発光するものです。光源はLEDなどが使用され、光装飾素材としてもよく使用されます。経年劣化がなくて樹脂製でもありますから、ネオン管のように発熱がありません。従って火傷をしたり割れて怪我をすることがない安全性に富んだものです。軽量ですから本体の交換も非常に容易です。
導光棒はそのままのストレート形状でも使用できますが、ある程度まで曲げることも可能ですからフィット性も良好です。防水性を持たせれば水中での使用もできますから、他にないデコレーション効果があります。そのためスポーツや音楽イベントなどの場での発光装飾や、オフィスや公共機関などの通路表示など、目立つ表示が可能です。更にはバー・クラブ・ホテル・ショッピングモールなどでの夜間装飾、水族館などでの水中装飾などにも使うことができます。
多くの場合LEDを光源に使い、さまざまな色に変化させて発光させたり、パルス状に点滅させることも可能で、自在な使用法があります。導光棒は軽量で劣化が少ないという特長から、ネオン管などから交換されるケースが予想され、今後使用が増えていく表示素材だと考えます。

新着情報

◎2023/7/21

情報を更新しました。
>手軽に楽しむ導光棒の文字デザインを活かしたパーティー演出に挑戦
>導光棒の軽量化・小型化などのメリットについて
>耐久性が隠す可能性:導光棒がもたらす革新的な産業応用と持続可能性
>コンパクトで持ち運び便利な導光棒の災害時の備えとしての価値
>意外な使い道も紹介されている導光棒を活用

◎2020/3/16

幅広い用途で使われる導光棒
の情報を更新しました。

◎2019/12/9

透明樹脂成形による光学製品
の情報を更新しました。

◎2019/7/24

導光棒でコストダウン
の情報を更新しました。

◎2019/3/22

導光棒の寿命
の情報を更新しました。

◎2019/2/8

導光棒のスペック
の情報を更新しました。

◎2018/12/10

サイト公開しました

「光 装飾」
に関連するツイート
Twitter

大阪ド真ん中に「黒ラベル」トレーラー、泡にこだわった装飾

大阪ド真ん中に「黒ラベル」トレーラー、泡にこだわった装飾とは?(

大阪ド真ん中に「黒ラベル」トレーラー、泡にこだわった装飾

昨年末に銀座で飲んだけど、本当にビールがおいしかった。大阪でも店舗常設してほしいくらい。 日程の都合の合う方は行った方がいい。 大阪ド真ん中に「黒ラベル」トレーラー、泡にこだわった装飾とは?(

錐の情報だけの時から描いているので身長差があったりなかったり装飾違ったり、内容ほぼweb上で見れるので紙媒体で欲しい方がいらっしゃいましたらお手に取っていただけたら嬉しいです…よろしくお願いします